経緯

現代日本の家具デザインをリードしてきたブランド「チェアーズ」は、1981年に六本木アクシス

ビルの開設と同時に誕生しました。アクシスビルは、日本の現代における生活文化、デザイン文化

の拠点として生まれ、日本のデザインの中心的役割を担うともに、80年代以降の急速に変化した生

活思想とその文化を一般に伝達する場所であり、今日なお、そのポジションを保ちつづけ、さまざ

まなメッセージの発信源になっています。

「チェアーズ」は、そのアクシスの主旨に共鳴し、それが目指すデザイン文化に欠くことのできな

いブランドとしてスタジオ80によって設立されました。デザイナー内田繁のデザインする家具作品

等を中心に、時代の変遷とともに、つねに話題のデザインを世に送りだしてきた「チェアーズ」は、

ニューヨーク・メトロポリタン美術館やサンフランシスコ近代美術館をはじめ、多くの海外の美

術館に永久コレクションされ、国内においても、埼玉県立美術館や神戸ファッション美術館など、

多くの美術館や公共施設に収蔵されてきました。それは「チェアーズ」の家具が世界の評価の目か

ら受入れられた証しでもあり、日本のデザインが世界から注目される一端を担ったものでもありま

す。また、近年では、「チェアーズ」の家具デザインは、イタリアやオランダなどのメーカーと提

携されるなど、デザインと生産の新しい関係を構築しつつあります。

2005年、株式会社霞工房設立と同時に移籍し、今日、新たなデザインの展開として精力的に活動

しつづけています。
about chairs
> 経緯
> 会社概要
> 理念
about chairs
product
top
お問い合わせ
リンク